岡田泰(萩焼)

山口県萩市 萩焼窯元岡田 泰





山口県重要無形文化財岡田裕氏の長男。 東京造形大学で彫刻を専攻し、京都で陶芸を学びます。 その後、父・裕氏に師事します。 豊富な経験と堅実に実績を重ねることで、オリジナルな陶芸を作り出します。

平成21年、日本伝統工芸展に初入選し、以降、連続入選します。 泰氏が作り出した淡青釉(たんせいゆう)は、土味を生かしつつ、日本海の澄んだ水色のイメージと丸みを帯びた造形美を合わせます。 穏やかで素直な人柄が作品に表れます。

その柔らかさが空間を包みこむようで、とても好評です。 常に萩焼の新たな可能性を追求し、現在萩焼で最も期待されている若手陶芸作家の一人です。