タタミファクトリー(畳)

福岡県大川市 畳職人石橋 直樹




福岡県の筑後地方は畳の材料となる「い草」の産地として知られています。 冬に水田に苗を植え、春にい草を真っすぐ伸ばすため膝下の長さまで刈る「先刈り」を経て夏に刈り取る手間のかかる作業です。 収穫後は、い草独特の色と香りを出し、変色防止のため「泥染め」が行われます。

現在、日本で流通しているい草の約8割は中国産。 その中で国産100%、有機肥料を使ったい草を使って畳やラグをはじめ、家具、雑貨などを企画・デザインするタタミファクトリー。